HOME

amazonプライムビデオの「次に観る」を削除する方法!なぜ表示されるの?

インターネットを使っている人は自分の履歴を見られたくない時に履歴の削除やディスククリーンアップで対応していると思いますが、それは動画配信サービスでも同じでしょう。

しかし、Amazonプライムビデオのような動画配信サービスでは履歴を削除しても「次に観る」で自分が過去に見ていたものに関連したものが表示されるようになり、そちらの対応もしておかないとそちらからいろいろとばれてしまいます。

今回はこのAmazonプライムビデオにおける「次に観る」について記載していきます。



amazonプライムビデオの「次に観る」を削除する方法


Amazonプライムビデオにおける履歴は実はいろいろとあり、動画視聴履歴を消しただけですべての履歴の除去にはつながりません。

今回紹介する「次に観る」も消さないといけないのです。

この「次に観る」という機能は簡単に解説すると「今まで自分が見てきたアニメや映画作品やウォッチリストに登録してある作品の次のエピソードやシリーズが自動的に紹介される機能」となっています。

ちなみにAmazonプライムビデオにおける履歴の種類は「次に観る」以外だと「視聴履歴に基づくおすすめ」と「視聴済みビデオ」と「表示履歴」になります。

履歴に表示されるものがすべて気になるという人はこれらの履歴を個別に消していかないといけないのです。

スマホから消す方法

スマートフォンで見ている方はアプリで閲覧しているという方が多いので、アプリを使った方法で紹介します。

Amazonプライムビデオアプリでは「次に観る」で表示されている動画を長押しするとメニューが表示されるので、そのメニュー表示の中の一番下にある「リストから削除」をタップするというやり方です。

まとめて消すことはできませんので、一つ一つ手作業となります。

ただし、これは自分の履歴から永久に消す機能ではないので同じ動画を視聴すると再度「次に観る」でリストアップされてしまうでしょう。

自分の履歴に表示させたくないという人はブラウザからAmazonにログインして「視聴済みのビデオ」の履歴を消すしかありません。

パソコンから消す方法

パソコンでのやり方はブラウザ上での操作となります。

やり方は簡単で「すべてのビデオ」で表示されている「次に観る」の右側にある「編集」をクリックしてください。

すると動画に「×」のマークが表示されますので、これを押すと表示から削除されることになります。

いったん「×」を押すと消えてしまうので注意しましょう。

履歴からの完全削除をしたいという人はAmazonプライムビデオの視聴履歴から削除する必要があります。

その方法は以下の通りです。

ブラウザからAmazonにログイン⇒「マイストア」をクリック⇒「おすすめ作品を正確にする」をクリック⇒

左側に表示されている[商品情報の変更]にある「視聴済みのビデオ」をクリック⇒

表示したくなり動画の「動画の視聴履歴からこれを削除」をクリック

これで履歴から抹消されます。

これで同じ動画を再度観ても「次に観る」に表示されなくなるので覚えておきましょう。

この履歴からの完全削除ともいえる方法はブラウザからAmazonにログインして「視聴済みビデオ」から削除することが必須となりますので、スマートフォンしか家にないという人はスマホからブラウザ上のAmazonプライムビデオにログインして消すようにしてください。

Fire TVから消す方法

Fire TVの「次に観る」から削除するにはやり方は簡単で消したい動画にカーソルを合わせてリモコンの三本線ボタンを押してメニューを表示させ、そこにある「リストから削除」を選択するだけです。

なぜ「次に観る」が表示される?


「次に観る」という機能は自分が見た作品に基づいて表示されるので、自分がどのような作品を見ているのかが履歴として残っている限り必ずピックアップされます。

この「作品を視聴する」ことが条件の一つですが、それ以外にも「作品をウォッチリストに追加する」ことも条件となっているので注意しましょう。



基本的に新たに視聴した作品か新たにウォッチリストに追加した作品から先頭に表示されるという仕組みですが、例外的に自分が見ている作品の次の回が配信開始になった場合でも先頭に表示されるようになるようです。

家族とアカウント共有しているために観ている作品について知られたくないという人にとっては厄介な機能ですが、特に共有していないという人にとっては便利な機能の一つとなっています。

状況によって嫌われることにもなりますし、気に入られる機能でもあるのです。

amazonプライムビデオで残る履歴について


Amazonプライムビデオにおける履歴は先に紹介したように「次に観る」以外だと「視聴済みのビデオ」や「視聴履歴に基づくおすすめ」や「表示履歴」となります。

履歴を完全に削除したいという人はこの4つに表示されない状態にしないといけません。

「次に観る」

「次に観る」は先ほど紹介したように自分が見ている作品やウォッチリストに追加している作品に関連しているシリーズものや続編が紹介される機能です。

この機能そのものが煩わしいと感じている方は「視聴済みのビデオ」の履歴から完全に消去することで表示させなくするというやり方が重要になります。

家族でアカウントを共有しており、自分が見ている作品は何なのかを知られたくないという人は「次に観る」だけではなく「視聴済みのビデオ」からの削除も必須となります。

「視聴済みのビデオ」

Amazonプライムビデオにおけるすべての履歴の根源です。

こちらを消すことで他の履歴に表示されなくなるということも多々あります。

こちらの「視聴済みのビデオ」を削除するにはブラウザからログインしないといけませんので、アプリを使っているという方はブラウザからログインして消すようにしましょう。

スマホを使ってパソコン版のブラウザ表示にする方法がわからないという方は以下のやり方を試してください。

スマートフォンで「Google Chrome」や「Safari」といったブラウザを開く⇒Amazonのページを開く⇒

Amazonのページを開くとスマートフォン版に自動的に変更されてしまうので、一番下に表示されている「Amazon PCサイト」をクリックしてパソコン版の表示に切り替える⇒

Amazonプライムビデオに使っているAmazonのアカウントでログインする⇒

左上にある「マイストア」をクリックする⇒「おすすめの商品を正確にする」を選ぶ⇒

[商品情報の変更]が表示されるので、その中にある「視聴済みのビデオ」をクリック

これで視聴済みのビデオまでスマートフォンでもたどり着きます。

何度やっても強制的にアプリで表示されるようになってしまうという人は以下のやり方で試してください。

・iPhoneの場合

ブラウザでAmazonを検索すると表示されたAmazonのサイトのページタイトルを長押しする⇒

「新規タブで開く」とか「新しいタブを開く」という項目が出てくるのでそちらをタップする

・Androidの場合

アプリの設定を変更するためにアプリを長押しして表示される「設定」や「アプリ情報」をAmazonプライムビデオのアプリで開く⇒

「デフォルトで開く」をタップ⇒「対応リンクを開く」をタップ⇒

「その都度確認」及び「このアプリを開かない」で設定する

「視聴履歴に基づくおすすめ」

「視聴履歴に基づくおすすめ」も自分の視聴履歴やウォッチリストに追加した作品の傾向から類似した作品が一覧表示されるという機能です。

削除する場合は「視聴済みのビデオ」を完全に抹消するというのが正解でしょう。

「表示履歴」

表示履歴はその作品を観ていなくても作品をクリックして内容をチェックしたという履歴があると表示されてしまいます。

そのため視聴履歴を削除しても残ってしまうのです。

表示履歴を削除したいという人はブラウザからなら表示されている作品の下の欄にある「表示から削除」をクリックしてください。

アプリの人はページの最上部にあるAmazonのロゴの横にあるメニューボタンを押すことで表示される「表示履歴」から「表示から削除」を選んでください。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はAmazonプライムビデオにおける「次に観る」についてのお話をさせてもらいました。

Amazonプライムビデオの履歴はブラウザ上だけで削除可能な「視聴済みのビデオ」を抹消することで基本的には全て消せますので、履歴が気になるという方は定期的にこの「視聴済みのビデオ」から削除お願いします。

しかし、表示履歴だけは別物ですのでそっちは随時消すようにしておきましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました