HOME

北上展勝地の桜(桜まつり)2019の開花状況と見頃時期!

北上展勝地の桜の開花予想や見頃時期とライトアップ!

北上展勝地は、正式名称を「北上市立公園展勝地」と言い、岩手県北上市の北上川沿岸にある都市公園です。

桜の名所として大変名高く、さくらの名所100選に選ばれている他、青森県の弘前公園、秋田県の角館武家屋敷と並び「みちのく三大桜名所」の一つとして数えられており春には大勢の観桜客がやってきます。

北上展勝地の桜は、大正9年の植栽事業が切っ掛けで植えられ始め、現在では敷地約29,300平方メートルに約150種約10,000本の桜が咲き誇ります。

また「展勝地」という名称は、当時の町長・沢藤幸治氏の親友の風見章氏が事業団体名を展勝会としたことや、公園内の陣ヶ丘からの眺めが素晴らしいことから展望のよい景勝という意味で「展勝地」と名付けられたそうです。

このように聞くと、「是非とも行ってみたい」と思った方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、北上展勝地の桜の開花予想や見ごろ時期、桜まつりなどについて調べてみましたので、よろしかったら参考にして下さい。



2019年の北上展勝地桜まつりの日程やライトアップや開花情報

 

桜の見頃時期:4月中旬~5月上旬

展勝地桜まつりの開催期間:4月中旬~5月上旬

夜桜のライトアップ期間:桜の開花状況に合わせて

夜桜の時間:18:00~21:00

住所:岩手県北上市立花
TEL:0197-65-0300

北上展勝地桜まつり公式ホームページ:http://sakura.kitakami-kanko.jp/

北上展勝地の桜の開花情報コチラ



桜の見どころや楽しみ方!

 

北上展勝地の桜まつりの見どころは、何と言っても北上川の真上を泳ぐ「300匹のこいのぼり」と、川沿いに咲き誇る桜の共演ではないでしょうか。

また、珊瑚橋から約2kmに渡って続く桜並木の中を、観光馬車に乗って散策するのもお勧めです。

この桜並木は樹齢80年を超えるソメイヨシノが多くあり、旅行会社の企画担当者や作家、写真家などが選ぶ「歩いて楽しい桜並木」の2位に選ばれたこともある名スポットとなっています。

アクセス方法や駐車場について

 

電車の場合

JR『北上駅』下車後、徒歩約20分。JR『北上駅』下車後、江刺バスセンター行き、もしくは熊沢行きのバスに乗車して、『展勝地』で下車後、すぐ。

車の場合

東北自動車道『北上江釣子IC』もしくは『北上金ヶ崎IC』下車後、約15分。

駐車場について

510台収容可能な有料駐車場あり。普通車は300円。

北上展勝地の地図

 

まとめ

桜まつり期間中は、JR北上駅の東側の湖畔から渡し船も運行されます。

実はこの渡し船、渋滞を回避する手段として北上展勝地リピーターの中では知られた存在なのです。

と言うのも、桜まつり期間を含め桜の開花時期は駐車場は満車、周辺道路は渋滞ということが想定されますが、川を挟んだ北上駅の東口駐車場は渋滞もなく、駐車場へ入るのもスムーズなのだそうです。

そこで車を停め、5分ほど渡し船に乗るとあっという間に北上展勝地に辿り着けるというわけなのです。

是非、覚えておいて下さいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました