目黒川の桜(桜並木)2016の見頃や開花情報!

目黒川の桜(桜並木)2016の見頃や開花情報!

目黒川の桜まつりや桜の開花情報や見ごろの時期!

目黒川は、東京都世田谷区、品川区、そして目黒区を流れ東京湾に注ぐ川で、江戸時代には「こりとり川」と記されていました。こりとりは「垢離取り」の意味で、目黒不動尊に参詣に行く際、川の水で身を清めていたのがその名の由来と言われています。

また目黒川は、全長約8kmのうち大橋から太鼓橋周辺までの約3.8kmが桜並木で彩られ、都内でも有数の桜の名所としても知られています。

そんな目黒川沿いの桜の植樹は昭和2年に始まったとされています。川幅が狭く、水深が浅かった目黒川は大雨が降ると川が氾濫するなどの被害が多かったことから、護岸工事が繰り替えされてきました。そしてその護岸工事のたびに、地元の有志が工事の記念として桜を植えたのが、今の目黒川の桜並木を生む切っ掛けとなったのです。

現在では、約830本のソメイヨシノがその美しさを競い合うように咲き誇り、行き交う人々を楽しませています。

そこで今回は、目黒川の桜まつりや桜の開花情報を集めてみましたので、よろしかったらご一読頂ければと思います。


Sponsored Link

2016年の目黒川の桜の見頃時期や開花情報

 

桜の見頃時期:3月下旬~4月上旬

住所:東京都目黒区東山3-1付近から下目黒2-9付近
TEL:03-3715-1111

目黒川 桜 公式ホームページ:
http://www.city.meguro.tokyo.jp/(目黒区役所)

目黒川の桜並木(桜まつり)の見どころや楽しみ方!

 

目黒川と蛇崩川の合流点に設けられた遊び場では、「中目黒桜まつり」が開催されます。吹奏楽や三味線、和太鼓の演奏、ピエロが大道芸人のショーなどのイベントが行われる他、屋台や出店が立ち並びます。


Sponsored Link


また、田道広場公園では野点や模擬店などが開かれる「目黒イーストエリア桜まつり」が行われます。

さらに、目黒川沿いを散策していると、中目黒から池尻大橋にかけて川幅が狭くなる部分があるのですが、その分両岸に咲く桜が川の中央上部分で重なるようになり、桜のアーチができ上がります。ここは目黒川の中でも外せない絶景スポットですので、是非抑えておいてくださいね。

そして目黒川は、昼だけではなく夜も楽しみがあります。桜並木に沿ってぼんぼりに灯かりが灯され、一斉にライトアップが行われますので、夜桜も是非一緒に鑑賞することをお勧めします。

目黒川の桜並木のアクセス方法について

meguro2
電車の場合

東急東横線・東京メトロ日比谷線『中目黒駅』下車後、徒歩約2分。
JR『目黒駅』下車後、徒歩約5分、
東急田園都市線『池知り大橋駅』下車後、すぐ。

目黒川の桜並木の地図

 

目黒川の桜並木のまとめ

目黒川沿いにはお洒落なカフェや雑貨屋が数多くあるので、桜を見るのは勿論ですが街散策をしながらゆっくりと時間を楽しむことが可能となっています。

また、シャンパンやワインを飲みながらお花見を楽しめるお店もあるようですので、昼間は鮮やかな桜とショップ巡りをして、夜は艶やかな夜桜を見ながらワインで乾杯、なんていう一日を過ごすのも素敵ですよね。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)