県立三ツ池公園の桜2016の見ごろ時期と開花状況!

県立三ツ池公園の桜2016の見ごろ時期と開花状況!

県立三ツ池公園の開花予想や見頃時期!

県立三ツ池公園は、神奈川県横浜市鶴見区にある総合公園です。公園の名称になっている通り三つの池(上の池、中の池、下の池)からなり、江戸時代に農業用のため池として整備されました。

また、297,000平方mの敷地内に約1,600本の桜が咲くことから、さくらの名所100選にも選ばれており、横浜市民にとって憩いのスポットとなっています。

さらに池の淵を取り囲むように桜が植えられていますので、咲き誇る桜は勿論ですが水面に映る情緒ある桜の様子も眺めることができます。

今年は雪解けが早く進んでいるようですので、そうなると待ち遠しくなるのがお花見ですよね。

そこでここでは、県立三ツ池公園の今年の桜の開花情報などについて調べてみたいと思います。お花見の計画を立てるだけでもワクワクしますから、是非参考までに読んでみて下さいね。


Sponsored Link

2016年の県立三ツ池公園 桜の見ごろ時期や開花情報

 

桜の見頃時期:3月下旬~4月上旬

住所:神奈川県横浜市鶴見区三ツ池公園1-1
TEL:045-581-0287

県立三ツ池公園桜まつり公式ホームページ:http://www.kanagawaparks.com/mitsuike/

県立三ツ池公園の桜の開花情報コチラ

県立三ツ池公園 桜の見どころや楽しみ方!

 

県立三ツ池公園では、78品種もの桜を見ることができます。


Sponsored Link


2月上旬に咲き始める「カンザクラ」、園内の7割を占める「ソメイヨシノ」、「ケンロクエンクマガイ」と「カンヒザクラ」の交配種で、濃いピンク色が特徴の「ヨコハマヒザクラ」、黄色い花が珍しい「ウコンザクラ」、2本の花柱が象の牙のように見えることから名付けられた「フゲンゾウ」など、実に多種に及んでいます。

また、桜のシーズンである春ではありませんが、10月には「十月桜」「冬桜」と呼ばれる桜が園内で開花します。

県立三ツ池公園のアクセス方法や駐車場について

 

電車の場合

JR『鶴見駅』下車後、東寺尾循環バス、もしくは寺谷循環バスに乗車し、『寺尾中学校入口』で下車後、徒歩約7分。
JR『鶴見駅』下車後、西口(みずほ銀行前)から新横浜駅行きのバスに乗車し、『三ツ池公園北門』で下車後、徒歩約3分。

車の場合

第三京浜『港北IC』下車後、約20分。首都高速神奈川1号横羽線『汐入出口』下車後、県道14号を経由して約20分。

駐車場について

北門駐車場・普通車88台、正門駐車場・普通車54台収容可能な有料駐車場あり。繁忙期(桜の時期がこれに該当します)は通常520円の駐車料金が830円になるのでご注意下さい。

県立三ツ池公園の地図

 

三ッ池公園の桜のまとめ

県立三ツ池公園では、近年主流になりつつある夜桜のライトアップは開催されていませんし、お花見に付き物の屋台や露店も殆どありません。

しかしながら、園内が広いので日曜であってもそれほど混雑を感じることないのは魅力的ですよね。

是非、桜の木の下にブルーシートを敷いて場所を確保したら、園内に咲く多種の桜をじっくりと観察してみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)