HOME

熊谷桜堤の桜(桜祭り)2019の開花状況と見頃時期!

熊谷桜堤の桜の開花予想や見頃時期とライトアップ!

熊谷桜堤とは、埼玉県熊谷市の荒川大橋付近から下流へ約2kmに渡って続く桜並木のことを言います。

さくらの名所100選にも選ばれており、埼玉県内は元より県外からも毎年たくさんのお花見客がやってくる人気のスポットです。

熊谷桜堤の歴史は、今から約400年前の戦国時代にまで遡ります。

当時の鉢形城の城主・北条氏那が、荒川の氾濫に供えて川沿いに桜の木を植えたのがその始まりで、江戸時代よりお花見の場所として人気を得ていましたが、明治時代になり桜が枯れてしまい、1886年から植樹が開始されました。

年々桜の本数を増やし続け、1923年には史跡名勝天然記念物の指定を受けますが、1925年に大火に遭って多くが焼けてしまうという不運に見舞われてしまいます。

しかし1952年の荒川改修にて新しい熊谷堤が築かれると、熊谷市・市制施行20周年を記念して桜の植樹が行われ、現在の熊谷桜堤が誕生しました。

ちなみに旧熊谷堤は万平公園として残され、そこも桜が咲き誇る名所となっています。

このような歴史を持つ熊谷桜堤ですが、桜の開花予想や見ごろ時期はどうなっているのでしょうか。

桜まつりの情報と交えてお伝えしたいと思います。



2019年の熊谷桜堤 桜祭りの日程やライトアップや開花情報

 

桜の見頃時期:3月下旬~4月上旬

桜まつりの開催期間:3月下旬~4月上旬

夜桜のライトアップ期間:桜の開花に合わせて行われます

夜桜の時間:18:00~21:00

住所:埼玉県熊谷市河原町
TEL:048-524-1111

熊谷桜堤桜まつり公式ホームページ:http://www.oideyo-kumagaya.com/



桜の見どころや楽しみ方!

 

熊谷桜堤が満開を迎える頃土手の菜の花も見ごろを迎え、ピンク色と黄色の織り成すコントラストを楽しむことができます。

また、桜の開花に合わせて桜まつりも開催され、約50軒の露店が出店し賑わいを見せます。

まつり期間中は地元のよさこいチームの演舞の観賞やカラオケ大会が開かれるなど、桜以外にも楽しめるイベントが目白押しです。

約2kmの荒川沿いに約500本のソメイヨシノが咲き誇る並木道は、昼間の散策も勿論綺麗ですが、夜間のライトアップ時にはまた違った雰囲気となりますので、是非夜桜も楽しまれてみてはいかがでしょうか。

アクセス方法や駐車場について

 

電車の場合

JR高崎線『熊谷駅』下車後、徒歩約5分。秩父鉄道『熊谷駅』下車後、徒歩約5分。

車の場合

関越自動車道『松山IC』下車後、国道407号を経由して約30分。

駐車場について

250台収容可能な無料駐車場あり。また、桜の開花に合わせて荒川運動公園が臨時駐車場として開設予定あり。

熊谷桜堤の地図

 

まとめ

桜が枯れる、火事に遭うなどの不運を乗り越えて、昔も今も変わらない桜の名所としてあり続ける熊谷桜堤。

駐車場はありますが、毎年多くの観光客で混雑するスポットですので、公共交通機関を利用するのがよいでしょう。

そのような点でも、熊谷駅から徒歩約5分という行きやすさは嬉しいですよね。

 



コメント

  1. キッチー より:

    毎年家族で熊谷桜堤にお花見に行っています。露店が並び人が多くイベントもやっているのでとても楽しいです。

タイトルとURLをコピーしました